お見合い婚活

 

 

世界中探しても自分の理想100%の人なんてどこにいません。

自分自身がそうであるように誰にでも長所と短所(欠点)があるのです。

お互いの欠点はお互いが補い、支え合いながら共に生きていくから楽しいんです。

 

 

お見合い婚活では相手の欠点をどう捉えればいいのか・・・?

 

好きから始まる恋愛では短所もあばたもえくぼになるところ、お見合い婚活では一つ一つ忖度してしまいがち。

 

そこで、過去の事を思い出してみて下さい。

大好きな人が
たとえ年収が低かったとしても
希望の地域でなかったとしても
好みのビジュアルでなかったとしても
それどうなの?という癖があったとしても

それを理由に別れたりしませんよね。

 

 

欠点を上回る長所があればいい

 

要は、性格や環境に意に沿わない事があっても、それを上回る良さがあるから一緒にいたいと思う。

例えばそれを上回る程の
・尊敬出来る事がある。
・癒しや活力を貰える。
・誰よりも自分の事を理解して応援してくれる。
・・・というように。

 

 

お見合い結婚と恋愛結婚はスタートが違うだけで、お見合いで知り合ってもちゃんと恋愛して結婚するんです。

ところが
お見合い婚活は忖度から入ってしまうとマイナス要素にフォーカスされがちなります。
結果、会う前から切り捨ててしまう。
交際に入ってもマイナス要素を見つけて終わらせてしまう。自分で自分のご縁を切ってしまうのです。
それでは結婚まで辿り着けませんね。

 

 

お互いが100%でないことが当たり前

 

性格や環境が理想通りでなくても、それは当たり前のこと。
自分だって相手にとって100%であるわけがない、と心得て出来るだけフラットに会ってみる。

そして交際に入ってお相手の事を分かった上で忖度するように心掛ければ幸せな結婚への道はグッと広がります。

 

性格や環境が理想と違うところがあっても、それは決して妥協ではありませんよ。
どんなに幸せな結婚をしている人でも、理想100%でないことは当たり前のことです。

 

自分の欠点も含めて受け入れてもらうのと同じ、あなたもお相手の欠点含め受け入れられるかどうか。

 

 

婚活相談&入会面談