白馬に乗った王子様

 

申し込んだ側、申し込まれた側、どちらも優劣はありません

お見合い婚活で上手くいく為には、自分からドンドン申し込みをすることが大きなポイントになります。
勿論、男性も女性もです。

しかし女性の中には自分から申し込みはしたくないって言う人がいます。

 

理由は
①自分から申し込むより、申し込んでくれた人の中から選びたい。
②プライドが高くて申し込めない。

 

①自分から申し込むより、申し込んでくれた人の中から選びたい。

男性から選ばれる写真やプロフィールであればある程度の申し込み数は来ます。しかし、その中であなたが会ってみたい人はどの位の割合でしょうか?
寧ろ、想像したよりお申込みが来ないということもあります。それでは待っていてもお見合いは組めませんね。

 

②プライドが高くて申し込めない

そのプライドは出会いのチャンスを壊してしまいます。
申し込んだ側、申し込まれた側に優劣は全くなく対等の立場です。
プライドを持つところをそこではなく、幸せな結婚をすることに置き換えて、いいなと思う人にはドンドン申し込みをしていきましょう!

自分から申し込みをするかしないかで、婚活の結果は大きく変わります。

 

 

女性から申し込んだ方が成婚率が高い?

一概には言えませんが私の経験上、女性から申し込んだ方が成婚率が高いです。

「私、鼻息荒いですか?」と言いながら沢山申し込みをしていた人がいました。そのくらいでいいんです。申し込みをして受諾される率は平均10%なので、10人申し込んでも受諾されるのはたった1人です。だから鼻息が荒いくらいが丁度いいんです。(笑)

その彼女は申し込みも沢山頂いていましたが、結局自分から申し込んだ人と結婚して幸せな結婚生活を送っています。

 

 

出会う為の婚活です。

あなたの運命の人に出会う為の婚活です。自分からドンドン申し込んで幸せを掴みましょう。
婚活に”待ちの美学”はありません。白馬に乗った王子様は自分から探しに行くのです。