その拘り、結婚生活に本当に必要?

結婚相手

結婚相手

 

出会いはあったのかもしれない

今まで出会いがなかったとみんな言うけど、もしかしたら出会いはあったのにスルーしていた場合もあるかもしれません。

お相手に対する拘りが強くて視野に入らなかった。
受け入れなかった。

そういう人は、その拘りをそのままに婚活を始めても結局はいい人がいない、で終わっちゃうんです。

あなたは今何才ですか?

私はいくつになっても結婚はできると思っています。
しかし、若い時と同じ量の理想を掲げたままでは難しいです。

 

 

本当に結婚したいなら考えてみて下さい

その拘りは結婚生活に本当に必要なものでしょうか?
ステータスとしての拘りではありませんか?

ステータスがあなたを幸せにしてくれるでしょうか?

幸せな結婚生活をする為に必要なことは一緒にいて楽だったり、相手に何かをしてもらうことではなく、相手に何かをしてあげたい気持ちだと、私は思います。

 

沢山の拘り、その全てを備えている人は・・・いない。
理想100%の人なんて、どこにもいないのです。

そもそも、その理想に相対して自分はどうなのか・・・
自分自身が100%完璧ですか?

 

「拘りを捨てる」 = 「妥協する」でありません

拘りが多い人、拘りが強い人は、どうしても譲れないこと一つだけ絞ってみて下さい。

その一つだけはトコトン拘っていいけど、それ以外は寛容するくらいの気持ちでいれば出会いはぐっと広がります。

幸せな結婚にぐっと近づきます!

 

そこのところの気持ちを切り替えられた人は幸せな結婚を手に入れていますよ。

 

 

婚活相談&入会面談

関連記事

  1. お見合いの返事

    【お見合いの返事】交際希望?or お断り?

  2. 結婚相談所

    結婚相談所に入れば結婚できると思ってる?

  3. お見合い婚活

    婚活における自分の立ち位置を理解すれば婚活は上手くいく

  4. 交際希望

    お見合い結果の判断基準

  5. 婚活が上手くいくポイント

    「お見合い婚活」 コレさえ知れば上手くいく!

  6. お見合い場所

    お見合い場所の決め方