相手の気持ちを探るより大事なことは?

結婚相談所の交際 

自分の気持ちは置いてきぼり?


先日こんなことがありました。お見合いして遠距離交際が始まった2人。最初のデートの約束が都合により延期となった為、初デートはお見合いから3週間後となりました。

うちの男性会員さんは初対面のお見合いの時にお相手の明るさと人柄に惹かれて交際希望。そして2回目となった初デートでは、さらにお相手の人柄の良さを知り次のデートの約束をして楽しみにしていました。

遠距離の為、次のデートは10日後。1度しか会えないままお見合い日から1ヶ月を経過することになり、お相手女性は仲人さんから「1ヶ月経つのだからこの先続けるのか否か決めなさい」と言われたそうで(仲人によってやり方は違います)彼女は彼に相談を投げかけてきました。

彼女「こう言われましたが○○さんはどう思いますか?」
彼「まだ付き合いも浅く自分からどうと言える事ではないので、ご自分で判断されては?」

後日、彼女の仲人さんから「随分悩んだようですが交際終了でお願いします。」

 

相手の気持ちを探るよりずっと大事なこと

結婚相談所の交際

 

客観的にみてどう思いますか?

まず、女性の気持ち。自分からは交際終了するつもりはなかった。でも彼の気持ちがわからない。彼が交際を続けたいと言ってくれれば・・・。

男性の気持ち。好意は持っているけど彼女の気持ちを尊重したいから、自分の気持ちを言わなかった。

 

自分の気持ちを伝えることの大切さ

ご縁を切るのは簡単です。しかしご縁を紡ぐのは努力も必要。彼女は相手に委ねるよりも、自分はどう思っているかを伝えていたなら・・もっと会いたいと思うなら、そう伝えた上で「あなたはどうですか?」と尋ねれば彼の答えも違っていたのではないでしょうか。

一方、彼は相手尊重の優しさで身を引くよりも、私に言っていた通り「益々お人柄に惹かれて、また会えるのを楽しみにしていました」と正直な気持ちを伝えれば、2人の展開は真逆になったのではないでしょうか。

彼女はそんな優しさが欲しかったのでもなく、先の約束が欲しかったのでもなく、今の彼の気持ちが欲しかった。お互いが自分の気持ちを言わず、相手の気持ち任せにしてしまった結果です。

婚活をしていると、相手の気持ちを探りながら進めて結果うまくいかないことも多いです。相手の気持ちを探るより自分の気持ちを伝えること、とっても大事なことです。

 

 

無料婚活相談

神奈川(横浜・藤沢・鎌倉・茅ヶ崎・平塚・川崎 他)&東京の結婚相談所「エターナル湘南」30代40代を中心とした男女が婚活をしています。婚活中の相談にもリアルタイムに応じています。一緒に頑張りましょう!

 

神奈川結婚相談所エターナル湘南

 

お問い合わせ&お申し込みはこちら

 

関連記事

  1. 交際終了

    お見合い婚活の交際終了は幸せな結婚へのステップです

  2. 結婚相談所のお見合い婚活

    「もう他のお見合いはしません!」宣言

  3. 婚活デート

    どれが正解?デートの場所の決め方

  4. 婚約指輪

    「婚約指輪、私はいりません」の嘘?本当?

  5. 神奈川結婚相談所 会えない時の交際

    会えない今、ハッピーホルモンで愛を繋ごう

  6. お見合い婚活交際中

    「お見合い婚活の交際が続かない」の克服法