お見合い婚活の交際中に駆け引きより大事なこと

お見合い婚活交際中

交際はお見合いも恋愛も同じ

お見合いから交際成立になり交際が始まった二人によくある残念な事があります。それは、相手の出方を伺うこと。出会ったばかりでお互いのこともまだよくわからないとか、交際終了されたくないという心理状況も手伝ってのことと思います。

ですが交際中に相手の出方を見ているようではなかなか上手くいかないのは、お見合いで始まった交際でも、恋愛で始まった交際でも同じです。

相手がこう出るなら自分はこうする、という駆け引きなんて全く不要。寧ろそれは2人の交際の妨げになります。

 

自分の心をオープンに!

お互いが手探り状態では上手くいくものも上手くいきません。相手の気持ちが知りたいのなら、まずは自分の気持ちをオープンにして伝えることです。あなたがお相手ともっと会いたいなら「会いたい」と伝える。会って楽しいなら「楽しい」と伝える。良いと思っているなら自分から素直に心をオーブンにして!恋愛もお見合いからの交際も、要は同じなのです。

 

お見合いからの交際は100%結婚前提

お見合い婚活 交際

 

お見合いからの交際と、恋愛からの交際の一つ決定的に違うのは、お見合いからの交際は最初から結婚を前提にした交際であるということ。

恋愛からの交際の場合、あなたに結婚願望があっても相手はどうなのかわからなかったり、本当は早く結婚したいのに結婚結婚ってガツガツしているようで言えない、なんてこもとありますよね。

お見合いからの交際なら、まず第一にお互いの目的が『結婚』であることが明確であることに加え、交際期間も3〜4ヶ月と決まっているので、ダラダラ交際をすることなく短期間でお互いが結婚相手に相応しいか見極めるという内容の濃い交際になります。だかこそ良いと思う相手なら、相手の出方を見ているより自分の気持ちを伝えていくことがとても大事になるのですよ。

お見合い婚活は出会えればその先は早いのです。「まさか3ヶ月後に世界が変わってるなんて♪」 というドラマチックなことも起こるのです。

 

まとめ


幸せな結婚を目指すなら、まずは自分を愛してあげましょう。自分を愛せない人は他人も愛せませんからね。そして交際に入ったお相手には自分から心をオープンにして気持ちを伝えていきましょう。お相手と同じ気持ちならトントンと進んでいくものです。もしそれでお相手から良い反応がなければそこまで、次の出会いへ向けばいいのです。良いご縁へはトントンと、ないご縁へは淡々と

 

さあ、次はあなたの番かもしれません。

無料婚活相談

神奈川(横浜・藤沢・鎌倉・茅ヶ崎・平塚・川崎 他)&東京の結婚相談所「エターナル湘南」30代40代を中心とした男女が婚活をしています。

 

神奈川結婚相談所エターナル湘南

 

お問い合わせ&お申し込みはこちら

関連記事

  1. 結婚相談所の交際 

    相手の気持ちを探るより大事なことは?

  2. 婚約指輪

    「婚約指輪、私はいりません」の嘘?本当?

  3. 結婚相談所のお見合い婚活

    「もう他のお見合いはしません!」宣言

  4. お見合い 交際

    交際中のデートの頻度は?

  5. 交際終了

    お見合い婚活の交際終了は幸せな結婚へのステップです

  6. 結婚相手の欠点

    お見合い婚活で結婚相手の欠点はどう捉えればいいか?