48才女性「結婚したいかわからない」から成婚

48才女性の実録婚活「成婚ストーリー」

こんにちは。結婚相談所エターナル湘南の仲人士 中村です。
成婚退会した卒業生が実際どんな婚活をして成婚できたのか、「実録婚活 成婚ストーリー」です。あなたの婚活の参考にして頂き、幸せの連鎖になれば幸いです。

 

女性48才&男性55才 婚活期間1年

婚活相談に来た理由

48才、小柄でロングヘアーにナチュラルメイクの素敵な彼女は1人暮らしで、長く勤めているのでそれなりの年収もあり、趣味を楽しみ年に2回は友人と海外旅行に行き、独身生活を謳歌していたそうです。婚活相談で最初の言葉は「実は結婚したいのかどうかもわからないんです。でも48才だし結婚した方が将来の為にはいいのかなって」

 

結婚というキーワード

「結婚というキーワードが頭をよぎるようになったのならやってみたら?」という私の言葉にモヤモヤがスッキリして「やってみよう」と思ったそうです。すぐに手続きをしてお見合い写真のスタジオの予約をし、婚活をスタートしました。

 

半年間とにかく会ってみた

結婚したいかわからないから成婚退会

 

お見合い婚活をスタートすると同年代~8才程年上の男性から申し込みがあり、自分からも申し込んだ男性から受諾され、3か月で8名程とお見合いし、内5人と交際に入りました。婚活における彼女の良いところは、お相手の身長や年収・地域に拘らず中身重視でいたこと。見た目やプロフィールだけで判断せず『まずは会ってみる』というスタンスでいたことです。お見合いでもいつもと変わらぬ穏やかな笑顔で肩ひじ張らないナチュラルな雰囲気で、きっとお相手男性は話しやすかっただろうと思います。

交際に入ってそれぞれ数回デートをし「優しくて良い人だけど、この人との結婚は違うように感じます」というような理由で交際終了。半年経った頃、「やっぱり私は結婚は向いていないのかもしれないので今月で退会します」との連絡が。

半年間は婚活に集中して頑張ったのだし、これが彼女の答えなら、と私は彼女の考えを尊重しその月一杯での退会の意思を受け取りました。

 

やってきたのは白馬に乗った王子様!?

48才成婚退会した卒業生の成婚ストーリー

 

退会まであと1週間となった時に申し込みが来たその男性は、今までのお見合いで会ってみたタイプとは全く違うタイプの男性でした。筋肉質の色黒で男くさいイメージ。彼女にはこういう人が合うんじゃないかな?と感じたので彼女に会ってみないか打診したところ「お会いしてみます」ということでお見合いをすることに。

お見合い当日は話しが盛り上がったようで交際成立。その後、お相手男性が積極的にリードしてくれて順調に交際が進み、2か月後には週末は彼女の部屋に彼が泊まりにくる生活に。彼女は彼と出会って自分が変わっていったと言っています。「人と一緒に暮らすのもいいなと思えるようになったし、女性として自信をつけてもらえました。」

 

イレギュラーな交際期間延長

もう彼がいないことは考えられない、しかし本当にこの人と結婚していいのかと迷っている頃に彼女のお母様が緊急入院。結婚の決断をするのは難しい状況になり、彼は「彼女と結婚したい、彼女が決心できるまで待つ」と言うので交際期間を6ヵ月まで延長することにしました。

2か月程経ってようやくお母様は安心できる状態まで回復され、そこから彼との結婚を決意するまで彼女からは数回長文メールの相談が送られてきました。自分の気持ちを書くことによって気持ちを整理できることもあります。人から違う角度からの一言で何か気づくこともあるかもしれません。

今では「結婚して良かった」と言っています。

 

ご本人からの幸せの連鎖メッセージ

 

まとめ

40代後半になると、積み重ねてきたものが多いからなのか、”素直”でいることが難しくなってくる場合もあります。偏見を持たず素直に人と会ったり、素直に受け入れる柔軟さがご縁を引き寄せたのかなと思う成婚ストーリーです。

あなたにもできます。「出会えることに感謝して楽しく婚活」で幸せな結婚をしませんか?

 

❤30代女性の婚活
❤40代女性の婚活
❤男の婚活

 

神奈川横浜藤沢結婚相談所「無料婚活相談」

 

神奈川横浜藤沢結婚相談所エターナル湘南30代40代お見合い

 

 

お申し込み&お問い合わせはこちら