お見合い相手

お見合い相手探しと結婚相手探しは実は違うんです

お見合いプロフィールに記載されている内容は・・・

①プロフィール写真
②生年月日
③身長・体重
④本籍地(都道府県)
⑤現住所(~市、又は23区まで)
⑥最終学歴
⑦職業
⑧職種
⑨年収(男性は必須・女性は任意)
⑩会社の業種
⑪資産(あれば)
⑫技術・資格
⑬趣味
⑭婚歴・結婚直後の同居の有無
⑮自己PR文
⑯家族構成

他、特記事項があれば記号で表記します(慢性疾患や宗教など)

 


以上の内容から基本的なお相手のバックボーンはわかります。

しかし、性格やお人柄、あなたとの相性など、結婚相手としてどうかという重要なことは会ってみないことにはわかりません。
良くも悪くもです。

 

お見合い相手を探す段階では条件を絞り込まず、視野を広く持って色んな人、沢山の人と会ってみる!という姿勢が鍵となります。

 

絞り込み検索をするなら

①会員は日本全国にいますので、あまり遠くでは・・・と考えるなら地域を絞る。
②年齢を絞る。
できればこの2点くらいに留める方が出会いのチャンスが広がります。

 

地域に関しては、あなたが神奈川県在住であっても神奈川オンリーよりできれば関東としたいところ。
それでは広すぎると考えるならせめて神奈川・東京・千葉・埼玉辺りを視野に入れることをおすすめします。あなたの運命の人はどこにいるかわかりませんから。

 

逆に結婚して関西に行きたいなど希望があればそれもまた然りです。

年齢に関しては、大人の婚活として重要なので別の記事にUPします。

 

 

ちょっとでも気になる人へはドンドン申し込もう!


以上の事を踏まえて、まずは会ってみる!という気持ちで躊躇せずに申し込んでみましょう。

 

申し込みをして受諾されるのは平均10%・・・10人申し込んでたった1人です。
申し込む段階でああだこうだと色々想像して考えて・・・なんてやっていても10人に1人なんです。
あれこれ考えても疲れてしまいますし、更に年齢が高くなる程、受諾される率は低くなります。


ストライクゾーンはうんと広げて会うチャンスを作ることから始めましょう!

 

 

申し込まれたらできるだけ会ってみる

申し込みを頂いたら、余程嫌でなければ会ってみることをおすすめします。

まず写真から受ける印象・・・これは私は女性会員のお見合いに立ち会いますので、お相手男性に私もお会いするのですが、写真の印象と違うって感じることは多々あります。
写真よりずっと素敵!と思う場合の方が多いです。 お顔立ちだけでなく、その方が持っている雰囲気や挨拶の仕方も含めて。
逆に写真より残念・・・もあります。

いずれにしても会ってみて初めてわかることだから、プロフィールだけで決めてしまうのは自らチャンスを逃すことになりかねません。

プロフィールの印象はあまり良くなかったけど、会ってみたらとても良い方で成婚まで行くパターンもよくあることです。


お見合い料無料のメリットを最大限活用して、あなたの運命の人に出会って下さい。

 

 

結婚相手を探すのは交際に入ってから


お見合いをして、双方が交際希望となれば交際がスタートします。

お相手が結婚相手としてふさわしいか見極めていくのはここからです。

お相手の事を知ろうとするなら、まずは自分から心を開きましょう。
あなたが心を開けばお相手も心を開いてくれるでしょう。
自分を知ってもらい、お相手を知り、歩み寄って2人の仲を育んで下さい。

 

 

お見合い相手と結婚相手のまとめ

お見合い相手は、あまり絞り込まず、ストライクゾーンを広く持って色んな人と会ってみる。
交際が始まったら2人の仲を育みながら、あなたの結婚してとしてふさわしいかを見極めていく。

お見合い婚活では重要なことです。
まずはお会いしてみましょう!